ブックメーカーで勝ちやすいスポーツ、勝ちにくいスポーツ

最近では、ブックメーカーで安定した利益を挙げそれだけで
生活するブックメーカー投資家も数多く登場してきています。
こうした背景には、ブックメーカーの賭け方や賭け対象などの分析が
進んだことに大きな理由があります。そこで、以下ではブックメーカーで
勝ちやすいスポーツと勝ちにくいスポーツについてご紹介していきます。

1.テニス
最もブックメーカーで勝敗の予想が立てやすいのはテニスであるとされています。
これは、テニスが非常に番狂わせの少ないスポーツであることが大きな理由で、
トップ選手の中には勝率が90%を越える選手もいるため、それらの選手の試合にだけ
絞って賭けると安定した利益につながると言われています。

ただ、勝率が高い選手に賭けると当てた際のバックも小さくなるので、
ただ単にその選手が出るから賭けるというのではいけません。
事前に対戦相手との勝敗や選手の今回大会でのパフォーマンス等を知るなど情報収集は絶対に必要です。

2.サッカー
ブックメーカーの対象として最もポピュラーなスポーツの1つであるサッカーですが、
実はギャンブルとしての勝ちやすさ的にはそれほど優れたスポーツではないと言われています。
何故かと言うと、サッカーは交代等も含めると参加する選手が非常に多く、
一人ひとりのパフォーマンスで結果が大きく変化するため、なかなか読みにくいためです。
そのため、国際試合などで国際ランキングに圧倒的大差を付けているようなケースでは別ですが、
同じリーグ内の試合などでは上位と下位の試合であっても比較的番狂わせが起こりやすく安定して利益を上げにくいというわけです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ